カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
縫製例



形の似ているバルーンシェードとスカラップW

ぱっと見、似ている形をしていますが

左画像はシェードと名の付く壁に取り付けのメカ付きのシェードカーテンです。
対して、右画像はカーテンレールにかけるスタイルカーテンです。

左のバルーンシェード
メカに付くチェーンで昇降式になっていますので
実はカーテン自体は
上部のヒダが細かいギャザーカーテンに裾がフリルの付いた形状になっています。
巻き上げる時に、矢印方向に等間隔の位置で引き上げるので
引っ張った形がスカラップになっていきます。

対して右のスカラップW型カーテン
上部のヒダは同じくギャザーカーテンですが
カーテン自体の裾をスカラップにカットして
フリルを縫い付ける形になっています。
開閉は通常のカーテンのように横移動になります。

シンプルな違いは 上下の開閉左右の開閉かといったところでしょうか。

ちなみに
画像やカタログではレースカーテンを主にしておりますが
ドレープカーテンでもお作り出来ます。
ただ、上部のヒダが細かいため遮光生地や厚手になると
ギャザーができない場合がありますので ご相談下さい。
薄手のドレープカーテンなら可能ですので、
細かい柄やカラーのギャザーでお部屋の印象を替えてみるは いかがでしょうか?

ページトップへ