カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
縫製例



フラットカーテンにご注意

『フラット』という言葉だけでは
縫製する側と お客様の間でのニュアンスの違いがあることに
直接お話しを伺う際に感じることがあります。

カーテンの縫製をメーカー様から依頼いただく時は、
『フラット』イコール『ヒダの無いカーテン』となります。
お客様のご相談でお聞きするのが
『フラット』イコール『ピンっと張ったカーテン』の要望が半数を占めていて
ご注文ごとにイメージの違いに出会うことがあります。


メーカーのカタログでは
少しゆとりある③の1.2倍仕様のフラットカーテンが多いです。
①の1倍使用はカーテンレールの両端のフック間で測ったカーテンサイズにすると
カーテンの重みで若干 固定ランナー側に寄り
両開きでご使用の場合は 中央にすき間を感じるかもしれません。

なので当店ではカーテンレールの幅に
ゆとりの5~10cmを足したサイズ
をお願いしております。
画像で言えば②の1.1倍のような状態です。
カーテンレールの種類によっては、静音のランナーを使用しているので
通常よりランナーの滑りがいいため カーテンの重みや生地の戻りに対して
素直に固定ランナーに寄りやすいです。
より仕上がり幅に ゆとりが大事になります。

対して、リングランナーを使用する装飾レールの場合は
リングランナーが通常のランナーより滑りにくいため
若干ゆとりが少なめでも 固定ランナーに寄りにくいと思われます。

お客様のイメージに合わせてお作りするため
当店では 仕上がりの幅(出来上がり)をご注文時にお伺いしています。
仕上がり幅には ゆとりを足すことをお忘れないようにお願いします。

『フラットカーテン』は柄を最大に生かしますが、
すべて良いことばかりではありません。

画像のようにカーテンを開けたときに
ヒダのあるカーテンより前後にタタミ幅ができます。
二重レールの場合は、手前のカーテンや奥のカーテンに擦れて開きにくい場合があります。

開けてたたんだ時も、上部のフラット芯で
戻る力が加わるため
ヒダのあるカーテンよりも広がりやすいです。

ページトップへ