カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
縫製例



なぜフックをAB決めるのか?

フックを選ぶ
フックを決めるための 参考
(オーダーカーテンにはすべてお付けしております)
アジャスターフックは 微調整ができます
矢印方向に移動できカーテンの丈調節可能です。
一度下に抜いて 再度上から入れられます。
厚みのあるアジャスターフックなので
カーテンの横倒れや前倒れを防ぎます。
カーテンレールが見える


    Aフック
カーテンレールを隠す


    Bフック

どちらを選んでも ランナーの穴から
カン下丈を測るので、 測りなおしは 必要ありません。
Aフックを選択例

◎二重レールの内側

ブラケットにカーテンが あたりやすい
カーテン上部があたる





◎装飾レール


ブラケットにカーテンがあたりやすい
レールを見せる
カーテン上部があたる




◎窓枠内のレール
◎天井付けのレール


カーテン上部があたる






◎ボックスレール

◎壁の隙間のレール

カーテン上部があたる

Bフックを選択例




◎シングルレール


奥行き上部も広く、カーテンレールを隠せます




◎ダブルレールの外側


奥行き上部も広く、 カーテンレールを隠せます 




◎装飾+機能レールの内側


段差がある場合は奥行き上部も広く、カーテンレールを隠せます




◎出窓の天井付けレールだけど レールを隠したい

上部が狭いため
カン上3cmのBフックで縫製します
必ずご注文の際に
【カン上3cmBフック】とわかるようにご注文ください


Aフック または Bフックで
出来上がりのカーテンの丈(高さ)が
変わります。
縫製スタイルが『ギャザー』の場合
Aフックは
カン下丈に当店が1cm加算して、縫製いたします。
Bフックは
カン下丈に3cmの加算で
出窓の天井付けレールにも対応ができる縫製です。

ギャザー仕様もフックの位置で
出来上がりのカーテンの丈(高さ)が
変わります。
ご不明な点はメール若しくは電話でお答えします

ページトップへ