カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
縫製例



カーテン用語辞典


 カーテンショップさくらんぼの カーテン用語辞典

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行
ウエイト
カーテンをかけたときに重りを利用してカーテンがゆれた後も元の状態になるように両端に入れている重り。
ウエイトチェーン
通常両端に入れている重りをカーテンの裾にチェーン状の重りを縫い付けるように縫製したもの。
主にレースカーテンに変更できます。縫い目が裾までありませんので、軽やかな感じになります。
当店ではオプションでほとんどのレースカーテンが変更できます。
裏地付きカーテン
通常は一枚の生地で作るカーテンを、遮光性をアップするために遮光生地を縫い付けたり、フックにかける形で二重のカーテンで使用するカーテンです。お気に入りの柄を選んで遮光性を高めるときにご利用いただく方が多いです。
上飾りバランス
カーテンの手前面に専用レールかフラットなカーテンボックスにマジックテープで取り付ける飾り用カーテンのこと。カーテンが立体的になるので、室内のインテリアがきらびやかになります。
上飾りの形はさまざまあります。
片開き
カーテンを開けるときに端から右側(左側)にすべてを寄せる1枚物のカーテン。
カン下
カーテンの丈を測るときにカーテンレールのランナーの穴から下に降ろした丈のこと。
当店ではどのフックを選んでも変わらない丈を測ってもらい 出来上がりのカーテンが間違ったサイズにならないようにしております。
⇔総丈はカン下のサイズにフック分の寸法(選択フックによって変わります)を足したカーテンすべての丈のサイズ。
逆ヒダ仕様
カーテンを縫製する際に、窓の外側から表生地が見えるように 上部ヒダのみを裏側に取りカーテンをかけるカーテンにします。ヒダは2つ山3つ山だけでなく、箱ヒダ1つ山片ヒダやフラットなど すべてに対応します。部屋側の生地もやはり表地がいいと両方表地にする袋縫いのカーテンも受けたまわります。袋縫いの場合は もう1枚カーテンを縫い合わせることになりますので、生地代縫製代が約2倍になることがあります。
ギャザー仕様
カーテンの上部ヒダを専用の芯を縫い付けてギャザー(プリーツ状)にした縫製の仕方で主にレースカーテンの特殊スタイルに施します。1.5倍ヒダ(スタンダード仕様)2倍ヒダ(ハイグレード仕様)に比べ生地を2.5倍必要となりますのでお値段は生地代と縫製代の関係で割高となりますが豪華さもグレードアップします。
当店ではほとんどのレースカーテンをギャザー仕様に変更することができます。
コンビネーションカーテン
通常1種類の生地で縫製されるカーテンを、あえて上下(左右)に別柄や色違いを合わせて、見た目を楽しむカーテンです。
当店では生地の性質が似た生地でしたらご相談に応じております。
遮光
生地の間に黒い生地を織り込み 通常の生地より光を通さないように作られた生地。
遮光1級〜3級まで幅広くあり すべて同じ状態の遮光率ではない。
スカラップカーテン
出窓によく飾られるカーテンで、裾を大きくウェーブしたりO型にカットされた装飾用のカーテンです。
主にW型 M型 O型があります。
スタイルカーテン
通常のカーテンの縫製や形態と違い デザインを重視したカーテン。
詳しいスタイルカーテンの説明はこちら
総丈
カーテンすべてを上から下まで測った長さ。当店ではカン下の丈を測っていただきます。
⇔カン下はカーテンレールのランナーの穴から下に降ろした丈のこと。
タッセル
カーテンを開けたときに端で広がらないように留めておくもの。
バイアス付のカーテン
単調な色のカーテンをあえて選び U字にバイアスをつけてアクセントを楽しむカーテン。白いレース生地に特に濃い色が映えます。
ハトメ
カーテンをポールに通して使用する際に、ポールの大きさに合わせた穴をあけて主に真鍮で加工したもの。通常は上部に施したものが多いですが、ショップなどでは上下をあけて防犯ネットに使用したり、試着室の施錠代わりに使用されたりしています。
大・中・小中・小の大きさのハトメを用意しています。
巾継ぎ
カーテンの生地を横につなげて縫いつけ 広い横巾を作ること。生地巾の広いものは横向きに使い、巾継ぎがないものが出来上がります。(生地巾から約50cm少ない丈までしかできません)
ヒダ
カーテンにウェーブを作るためにカーテン上部を寄せてつまんだもの。
3つ山 2つ山 フラット ギャザー 箱ヒダ 片ヒダ 1つ山などがあります。
フック
カーテンをカーテンレールにかけるための器具
フックによってカーテンレールのカン上部分の高さが変わります。
ブラケット
カーテンレールを壁や天井に取り付ける金具。
フラットカーテン
カーテンを閉めたときにウェーブを作らないように 上部でヒダを作っていないカーテン。
プレーンシェード
ロールスクリーンは上部で巻き上げるのに対して、プレーンシェードは下から生地を持ち上げるように開閉します。よってプレーンシェードのメカを傾斜用のものを使用すれば、変形の窓にも使用できます。またマジックテープでメカに取り付けたものが多いので 生地部分だけを作り直すことが可能です。
プレーンシェードの説明はこちら
防炎のカーテン
消防庁認定の防炎生地で縫製したカーテンで 火が燃え上がりにくく安全面に優れています。公共施設にご利用されています。
防炎生地を集めてみました。
ボーダー付のカーテン
小物の配色に使われるバイアスと違い、約5cm〜10cm程度の別布を 上から縫い付けるように淵をデコレーションしたり裾側にラインを入れたりするカーテン。自分のセンスで、本物の世界に1つのカーテンになるかもしれません。
ランナー
カーテンレールのカーテンをかける穴のついて動く滑車。
両開き
カーテンの開き方を中央から両端に二手に開けるもの。
⇔片開き
スタイルカーテン(特別スタイル縫製のカーテン)とは?
 カーテンのようにプリーツ(1.5倍ヒダ・2倍ヒダ)の加工をし ウェーブを綺麗に見せるだけでは なく、デザイン性をさらに追求したカーテンを総称してスタイルカーテンと言います。このデザイン性を追求するためにメカを使用して、シン プルに表現したり、ゴージャスを演出することが可能となります。スタイルカーテンはデザイン性を追求したものですので、スタイルの種類によっては開閉が出来ないというデメリットがあります。しかし、インテリアやオブジェとして とても綺麗で優雅な雰囲気を出してくれるメリットがあります。特に出窓でスタイルのスカラップなどを使用すると、内側からだけでなく、外側からもオシャレな雰囲気で外観も変えることが可能となります。

オーストリアンシェード 昇降タイプ
 レースやドレープを上下に昇降させるローマンシェードの一つ。細かいタックが横にも縦にも全面にとられ、優雅で美しいウェーブがさざ波のように並びます。ゴージャスな雰囲気を持った伝統的なスタイルで、ホテルのロビーなどでもよく見かけられます。 繊細なウェーブが特徴のスタイルだけに、レースなどの薄くやわらかい生地が向いています。ヒダ倍率はヨコ約1.5倍、タテ約2.5倍。使用する生地の量から言っても、贅沢な1枚と呼べるでしょう。上下に開閉はできますが、オーストリアンシェードの場合は常にシェードを降ろした状態にしておくのが基本。リビングなどの幅・高さともに大きな窓に映えるスタイルです。シェードの昇降方法は「コード式」と「ドラム式」の2タイプ。カーテンレールではなく、ブラインドのような専用のヘッドレールとブラケットで取り付けます。一瞬にして室内を豪華と思わせるカーテンです。


クロスオーバーカーテン
  ヒダをたっぷりとって、両開きの中央を重なり合わせるデザインのカーテンのことをクロスオーバーカーテンと言います。このクロスオーバー のカーテンは、両開きのレースカーテンを上部のみ中央で重ね合わせてゆったりとウェーブを残し 両サイドのタッセルで裾を分けるように開いたカーテンです。縫製上の仕組みから 両開きを開閉できないように仕上げられています。クロスオーバーカーテンの開閉はできませんが、上部をギャザーにしてL字にフリルをつけることで ふんだんに生地を使うデザインはとても優雅な雰囲気で、ヨーロッパなどでは良く使われている カーテンスタイルの一例になります。カーテンの生地の重なりの部分は、だいたい窓枠の3分の1位が標準となります。また、クロスオーバーの仕様が可能なのはレースの生地になり、ケースメントでも生地が厚くなりますので制作には不向きになりますこのクロスオーバーのカーテンは、クラシックな雰囲気やエレガントな雰囲気にとてもマッチするカーテンスタイルと言えると思います。 裾と側面に共生地(同じ生地)で作られた、フリル付きのタイプになります。スタイルカーテンでは、フリル付きやトリム付きの縫製が可能となります。バルコニーやお城をイメージする時に描かれるような 憧れのカーテンです。


シャープシェード  昇降タイプ
 プレーンシェードに横バーを均等に入れて縫製されたタイプがシャープシェードと言われます。レース生地の場合は、横バーが透ける事でさらに規則的なデザインを演出させます。裾が横バーの効果で弛みがなく直線が綺麗にでることも デザイン性のこだわりを発揮しています。 しかし、ドレープカーテン のように透けないカーテンでは一部デザイン面(透視効果)を期待できないことになりますが、使用時に横のバーが生地を折りたたみながら綺麗に上げる役割を果たしますので、使用の際に折目がずれることもなくスムーズに、製作時のデザインのまま形態を維持できます。シンプルにスタイリッシュにお部屋を極めたい こだわりのシェードです。


スカラップのスタイルカーテン
 スカラップとはホタテ貝の貝殻のようになった裾のことで、裾を波状にしたフリルやトリムでデザインしたスタイルカーテンです。スカラップにはO型、S型(M型)、W型があり、裾が綺麗な半円のようになっているのがO型といい、両端を長めにして隙間がM字のように見えるのがS型、裾を波型のウェーブをつけるように波型の隙間が見えるのがW型となります。その他、窓に合わせて多彩なアレンジ可能なスタイルカーテンです。上部はギャザー仕様。ヒダ仕様も可能ですので通常のカーテンレールにレールのランナーを増やせば、かけることができます。 裾の部分は共生地のフリル仕様とトリム仕様がありますので、バリエーションも豊富です。 通常このスカラップは、掃出し窓に使用する事はなく、ほとんどが出窓であ ったり、腰掛け窓であったりします。その理由はイスに座った目線がちょうどカーテンの隙間の高さになり、景色を伺えることが出来るヨーロッパ的な考えからきています。 その為に、プライバシーの保護ではなく、見えるカーテン&見せるカーテンになり、部屋の雰囲気を 楽しむためのデザインや外観をを重視するカーテンです。出窓を飾って 憧憬の外観をもたせるカーテンです。


セパレートカーテン
 セパレートカーテンとは、出窓や腰窓くらいの窓に吊られた縦長のカーテンを、1枚ずつリボンタッセルで中心より少し下部を留めたものを 並べて飾るカーテンのことをいいます。 出窓のガラスごとや、連続した小窓を飾るのに お勧めのスタイルカーテンです。 基本的に開け閉めは出来ません。 セパレートカーテンもデザイン性を重視した縫製ですので、カーテンの隙間から室内を隠すことはできません。外観はもちろん、ひとたび部屋に入れば小さなドレスがゆれるように 幻想的な雰囲気が醸しだせます。セパレートカーテンは さらにU字にフリルやトリムを縫付ける事も可能ですので、お客様のイメージをさらに追及できます。セパレートカーテンやスカラップカーテンは 柄を魅せるカーテンとは違って大きな窓よりも腰窓や出窓での使用で、フリルや形の美麗さを最大限に生かせるカーテンです。室内から楽しむだけでなく、外観からの優美さも楽しまれたら良いと思います。


プレーンシェード 昇降タイプ
 近年の居住のモデルハウスやモデルルームに よく展示されているカーテンの中に、ブラインドのようなカーテンがあります。そのほとんどが、プレーンシェードと呼ばれるスタイルカーテンです。ローマンシェードと呼ばれるスタイルカーテンは、お客様のイメージのカーテン生地を選び 機械を使ってサイドのチェーンやコードで上下に開閉するタイプで、デザインが多数あります。その基本となるのがこのプレーンシェードになります。プレーンシェードはカーテンのように開閉が左右ではなく、上下の開閉になります。このため開閉方法はコード式とドラム式の2種類となり、カーテンの開閉時に取り付け上部に重力付加がかかり通常のカーテンレールには取付けることができません。専用の機械(メカ)に取付けをしたものを、ネジで窓枠や壁に取り付けとなります。プレーンシェードは、開閉時に上部引っ張られて下部から順にたたまれるデザインとなっております。閉めた時には一枚の生地になりますので、カーテン生地の柄が良く映えます。 プレーンシェードは一番シンプルなスタイルカーテンです。その他、裾を別の生地を縫付けるコンビネーションや裾をフリルにカットしたデザイン、両端の裾を少したらした形や上部が斜めの傾斜になっている形など バリエーションも豊に兼ね備えるスタイルカーテンです。


センタークロスのカーテン
 

インテリアとしてカーテンのデザインの中に、センタークロスというカーテンスタイルがあります。センタークロスとは、両開きの上部中央でカーテンを繋げ、左右にゆったりと分けて 両サイドのタッセルで留めるデザインカーテンになります。 センタークロスのカーテンスタイルは、中世のヨーロッパの貴婦人が着用するドレスのイメージに 雰囲気が良く似ています。上部をギャザーテープのヒダにすることで、通常カーテンより贅沢に生地を使って 中央からサイドにかけて豪華なウェーブで魅力を発揮いたします。優雅な気分にさせてくれるデザインのカーテンです。 センタークロスは、L字型の中央の丈と裾にフリルやトリムを付けますので、お客様をお招きする部屋などを さらに豪華に飾り立てます。


バルーンシェード  昇降タイプ
 
 

 バルーンシェードは、上下に開閉するローマンシェードの一つです。デザインの特徴は、シェードを下まで降ろした時の状態はヒダのある1枚ものの吊りカーテンです。しかし、シェードを引き上げていくと、裾に波を持たせるようにいくつもの半円状のバルーン(風船)があらわれ、フェミニンでエレガントな雰囲気になります。一つのスタイルで2つの表情が楽しめるカーテン、それが「バルーンシェード」です。劇場や舞台の緞帳などで上に幕が上がるところを想像すると イメージが湧きやすいと思います。 レースでもドレープでも作ることはできますが、できるだけ薄手の生地を選んだ方が、裾のバルーンやフリルがもたつかず、しなやかに美しく仕上がります。同じ生地でも、裾にフリルを付けたり、カーテン上部のヒダを「三ツ山ひだ」にするのと 表情がまた変わってきます。 シェードの昇降方法は「コード式」「ドラム式」の2タイプがあります。


ダブルシェード  昇降タイプ
 
 

 ダブルシェードは、プレーンシェードまたは シャープシェードの2台を1台の機械ににまとめたタイプのものをいいます。これにより、機械の厚みがスリムになり 今まで1台しかプレーンシェードを取付けれない場所などに厚地のドレープカーテンとレースカーテンを同時に取付ることが可能となりました。一般的には通常カーテン同様に、手前のシェードをドレープカーテンの生地で制作をし後ろのシェードは、レースの生地で制作をいたしますが、お好みのデザインやイメージにあわせ (インレース)手前にレースの生地をもってくることで、白さや明るさ 可憐さ軽快さを生かしたデザインに作ることも出来ます。 ドラム式は、1本のチェーンで前後の生地を別々に操作することが出来ますので 開閉操作の煩わしさを軽減できると思われます。2台分のシェード価格から機械1台分を差し引いたものが ダブルシェードの価格となります。


ラウンドシェード(ピーコックシェード)  昇降タイプ
 
 

 ラウンドシェードは、カーテンを上下に昇降させて開閉するローマンシェードの一種類です。閉じた状態では四角いプレーンシェードと変わりませんが、シェードを引き上げると 中央部分の下部から摘み上げられるように上がり、裾が孔雀(ピーコック)の羽を広げたような扇状の半円になります。その裾の形から「ラウンドシェード」あるいは「ピーコック」「ファンシェード」と呼ばれることもあります。 美しいラウンドを出すためには、丈が仕上がり巾の1.7倍以上必要であるため、近年に建造された 縦長の腰高窓や小窓に適したスタイルと言えます。 デザイン性の追及によるローマンシェードですので 無地のカーテン地でも十分に美しく仕上がります。柄生地を使用すれば、より個性的に自分らしさの窓辺と 外観シルエットを演出できることでしょう。


バランスカーテン(トップトリートメント)
 
 

 バランスカーテンとは、カーテンやシェードを飾った後に、見映えをさらに華麗にするために上部に取り付ける装飾のことです。通常は、カーテンレールを隠すように取付られるもので、直線かコの字型に囲う形となります。バランスカーテンを取付けることにより ヨーロッパのお城やホテルの会場や重厚な講演会場のイメージとなります。バランスカーテンの高さは通常25cm〜60cm位と短く、カーテン丈の約15%としています。窓の高さ(カーテンの高さ)によってさらに短くなることもあります。バランスカーテンの種類は・ フラットバランス ?ギャザーバランス ?箱ヒダバランス ?スワッグバランス ?エレガントバランス があります。窓辺のイメージにあわせ デザインの違いで雰囲気をがらりと変えることができます。バランスカーテンは広い空間大きな窓に取付けると、より豪奢にエレガントさをかもし出すことでしょう。取り付け方法は、カーテンボックスがあればマジックテープで取り付けると言う手軽さです。カーテンボックスがない場合は専用バランス用レールを取り付けるかカーテンレールカバーを取付けてからマジックテープの取付けとなります。

ページトップへ