カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
縫製例



カーテンへのこだわり


カーテンショップさくらんぼのカーテンの縫製       

 オリジナル縫製例をご紹介します
 
カーテンの上部を 
90mmの芯を付けて 折り返すことで、
ぴしっと硬くして
生地の重さで 形が崩れないようにしております。
 
両サイドを 2.5cmずつの三ツ巻にすることで、
ご家庭の洗濯でも 
ほつれないようにしております。
 
両サイドの裾に 
洗濯にも強いステンレス製の重りを、縫い入れております。ドレープカーテン12g、レースカーテン8gと
広がりを抑えるため 重りに差を付けております。
   
矢印方向に移動できカーテンの丈調節可能です。
一度下に抜いて 再度上から入れられます。
厚みのあるアジャスターフックなので
カーテンの横倒れや前倒れを防ぎます。
 
上から裾までヒダに合わせて
専用機械でプリーツの加工をしています。
カーテンを寄せるとき広がりを抑えます。
洗濯後もウェーブが残っているため
アイロンがけは不要です。
 
裾を10cmずつの三ツ巻 にすることで、
ほつれることなく
カーテンのウェーブの形を美しく整えます。
その他の写真

形状安定加工は
たたむ前に
かけます
生地の素材・フックが30個以上必要な広い幅のサイズ・270cm以上の長い丈のサイズの場合は機械の性質上かけることができません
裾の縫い目を
アイロンがけします
注文サイズに合わせて、 再度生地を調整カットします
2.5cmで巻きながら
横の生地がほつれないよう3つ折りで 縫います
縫製によるわずかな縮みを、アイロンで整えのばします






カーテン上部が、吊られた重みで傾かないように
芯を縫いつけます
均一の間隔、大きさのヒダを作り、 ヒダの裏面にフックを装着する
ヒダのうら面に
上部の芯の大きさにあったアジャスターフックを
ご注文されたAフックまたはBフックを入れます






ヒダに合わせたプリーツを 潰さないように
お届けするために、二人でヒダに合わせて
たたみます
たたんだカーテンが
崩れないように
台紙に結び付けます
箱に擦れないように
ビニールにいれ
平面に入れます

縫製工場をもつ 技

 オリジナル縫製例をご紹介します




通常レールを隠すBフックの場合は
カーテンレールのランナーの穴から
4cm高くしますが、図のように
「4cm高くしてしまうと レールや天井に当たる!」
そんなお客様のご相談に応じて、
当たらないサイズでお作りもできます。
フックは もちろん調整してお届けします。


    


ご注文生地が、
レピート・ヨコが25・50・75cmの場合
ハイグレード仕様(2倍ヒダ)の場合は、
(上部写真は右側)
上部 左写真 スタンダード仕様(1.5倍ヒダ)に比べるとわかりやすいように 
柄に合わせてヒダがくるように作りますので、
ウェーブに合わせて柄の出方が美しく並びます。

スタンダード仕様(1.5倍ヒダ)は 使用生地が少なくなるため、可能な生地の場合のみ
ヒダがくるようにお作りしております。

下部の4枚の写真は
すべてハイグレード仕様(2倍ヒダ)の縫製例です







少し大げさなイラストになりますが
上の画像は1部屋の窓と気にせずに仕上がっているカーテンです。
同じ寸法のカーテンでも柄の始まりが違ったり、幅をつなぐ際に 柄が左右異なっている例にしています。

それに対して下の画像は
「同一の部屋」を前提に柄をあえて合わせたカーテンです。
大柄ほど統一性を感じさせます。




下段はスタンダードとフラット仕様です




横幅の広いザイズほど 生地の巾継ぎが増えますが、カーテンショップさくらんぼでは ハイグレード仕様(2倍ヒダ)の巾継ぎが、 ヒダに隠れて ウェーブの波に隠れるように ヒダをお作りしております。
ハイグレード仕様(2倍ヒダ) 1.5倍ヒダ
生地巾
100cm
1枚の幅 
51cm〜

61cm〜
生地巾
150cm
1枚の幅 
76cm〜

101cm〜
上記カーテンの仕上がり幅サイズから巾継ぎがあります。


   
   


メーカーのカタログと同じ縫製でお作りできます。カタログ名と生地の品番号を必ずチェックしていただければ、取り寄せの上 縫製が可能です
既製品にはないメーカー生地だけではなく、
カタログにある 同じ形やデザインで
お客様の窓に合わせた大きさのカーテンを お作りすることができます。
お見積もりいたしますので、ご相談下さい。

一部オプション例をご案内しております

スカラップスタイルのカーテン
プレーンシェード
特殊なカーテン
オリジナル縫製例をご紹介します


 


有料のオプションとはなりますが、
レースカーテンの裾を三ツ巻にしてウエイトバーを
入れるのではなく、
チェーン状にした特殊なウエイトを 裾に縫込み、
レースカーテンの透かしを裾まで美しく縫製する加工ができます。


 


生地がハイグレード仕様(2倍ヒダ)より
さらに増えるため有料のオプションとはなりますが、
ふんだんに生地を使うが故の
豪華さが得られることになります。
適した生地は
レースカーテンなど薄手の生地です。

カーテンショップさくらんぼのオリジナル縫製例をご紹介します

ページトップへ